ホーム


『ご挨拶』に「辿ればご復活の主へ」を掲載いたしました。[2016/2/16]

gaikan2.jpg

副都心に程近い山手通り沿いにある初台教会の歴史は、戦後間もない1948年にカナダよりレデンプトール修道会の3名の司祭が鎌倉に来日し、その後、東京の上野で宣教活動を行い、1951年、初台にあった戦火から焼け残った蔵を修道院兼教会として設立したことに始まります。レデンプトール会創立者である聖アルフォンソの精神に従って神の御言葉を述べ伝えています。また同敷地内には、レデンプトール修道会日本準管区本部が隣接されています。聖堂は1964年に献堂され、2002年、新聖堂へと生まれ変わりました。新宿の高層ビルを背景に聖堂の温もりあるレンガ造りの佇まいは、都会の喧噪の中、神聖な空間を提供し、安らぎと静かな祈りの場所として訪れる人々を温かく迎えます。

■ミサの時間
主日のミサ
土曜日 PM17:00~
日曜日 AM 8:30~/AM10:00~

平日のミサ(小聖堂)
月~木曜日・土曜日 AM 6:30~
金曜日       AM10:30~(ミサ後、絶えざる御助けの聖母への祈り)
※第1金曜日は、初金ミサと聖体顕示式

※ゆるしの秘跡を希望される方は、事前に司祭へご連絡の上お越しください。
※全面バリアフリー(エレベーター、車椅子、トイレ、補聴支援あり)

■アクセス

HatsudaiMap

所在地 151-0053 東京都渋谷区代々木5-16-3
Tel. 03-3466-0361 / Fax. 03-3466-0343

●電車でお越しの方
京王新線 初台駅中央改札南口より 徒歩約11分
小田急線 代々木八幡駅より 徒歩約8分
小田急線 参宮橋駅より 徒歩約9分
東京メトロ千代田線 代々木公園駅1番出口より 徒歩約8分

●バスでお越しの方
JR渋谷駅西口バス停、京王バス 渋61・渋63・渋64系統、 京王バス・都営バス 渋66系統、「初台坂下」バス停下車すぐ